FC2ブログ
デリヘル☆風俗情報☆風俗体験記☆Hな話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の正月の体験です。

朝から何かモヤモヤしていた小生は、午後から買い物ついでにスッキリしてこようと思い出かけました。
用事を済ませ、いざ店探し。
でも元旦ということもありどこもやっていません。
でも一件だけ開いていました。
山手線の某駅前のエステ店です。
そこの店は入ったことがないのですが、以前通っていたヘルスが入っていたビルなので「ものは試し」と突入しました。

エレベーターで上がり、受付へ。
そこにはちょっと強面の男性が座っていました。
でも初めてであることを告げるとシステムを丁寧に説明してくれました。
女性は中国の方です。

5分くらいで案内され、いざ対面。
そこには小柄で可愛らしい女性がいました。
個室で服を脱ぎ、シャワー室へ。
腰に巻いていたタオルを取ると恥ずかしながら愚息はビンビン。
彼女もそれを見て「元気!」と一声。
ちなみに日本語はペラペラで流暢です。
個室に戻りサービス開始。
まずは背中、肩の指圧。
小生、かなり背中、肩のコリがひどいのでいい気分でした。
肩、背中→腰→足の順にマッサージされて「仰向けになって下さい」と言われたのでそのように。
仰向けになると、彼女は巻いていたタオルを外し裸に。
小ぶりだけど形の良いオッパイがありました。
ここからは性感サービス。
乳首舐めやオッパイを使ったマッサージ。
こちらもたまらずオッパイに吸い付きました。
しばし堪能したあと、「入れる?」と彼女。
そう、ここは標準サービスなのです。
もうかなり限界に近かったので、突撃後程なく撃沈となりました。

行ったことのない店へ行くのはちょっと勇気がいりますが、今回は当たりました。
馴染みの店があるのでまた行くかどうかは分かりませんが、悪い店ではありませんでした。
ちまたに溢れるセックスの情報などから、女性がフェラチオをして男の精液を飲むことを、当然のことのように思っている人もいるかも知れませんが、多くの女性は精液を飲むことに抵抗があるようです。なかには、「こんなまずいもの飲めるか」と思いながらも、なんとか男の要求に応じようとして、ジュースと一緒に飲み込んだりと、いろいろ苦労している人もいるようです。

女性の中には、ごくまれに精液マニアの人がいて、セックスをするよりも男の精液を飲むのが好きで、たくさんの男の精液を美味しそうに飲んだりしますが、果たして精液はどんな味がするのでしょうか。

しかし、私たち男は、幾度となく精液を放出してきているのに、その味を知らないでいる人が多いのではないかと思います。自分で自分の精液を飲むなんて、変態のやることだと思っている人もいるかも知れませんが、自分が飲めないものを、女性に飲ませようとするのもどうかと思います。

そこで、まだ精液を飲んだことのない人は、自分を知るという意味で、どんな味がするものなのか試してみてはいかがでしょうか。そして、女性たちが、どんな味のするものを飲み込んでいるのかということを、体験的に理解しておいた方がいいのではないかと思うのです。

そこで私も、かつて精液飲みに挑戦したことがあります。オナニーを始めるときは、これから自分の精液を飲むんだということで、妙に興奮したのですが、射精し終えると、一気に興奮が冷めてしまって、とても飲む気になりませんでした。掌に溜まった、まだ温かい精液に顔を近付けただけで、あの独特の匂いに圧倒されて、「ウエッ」という感じになってしまうのです。何回か挑戦してみたのですが、やはり射精する前は変態的な興奮があるのですが、射精を終えてしまうと、急激に気持ちが萎えてしまいます。

日常的に精液を飲んでいる女性の話によると、男の体調によって微妙に味が変わると言う人もいますが、私にはそこまでは分かりません。男の人でも、まれに日常的に自分の精液を飲んでいる人もいるようですが、自分で出した蛋白質を、自分で回収できるという点では、合理的なのかも知れません。

そこで、なんとかいい方法はないものかと考えて、サラン・ラップの上に射精して、それを冷凍しておいて、あとで飲む気になったときに飲んでみる、という方法を思いつきました。

そして、射精した翌日、冷蔵庫から凍った精液を取り出して、おそるおそる口に含んでみました。すると、口の中で精液が解けて行くに従って、ぬめったような、それでいてサラサラしたような、不思議な感覚が口の中に広がりました。それを舌で混ぜながら味わっていると、少し妙な雰囲気になってきます。その後も、数回飲んでみたのですが、あの味をうまく言葉で表現することが出来ませんが、もっと回数を重ねていれば、この味が好きなるかも知れません。

あなたは、自分の精液の味をどんな風に感じるでしょうか。美味しいでしょうか。それとも、まずくて飲めないでしょうか。まだ飲んだことのない人は、一度トライしてみてください。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

BACK  // HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 風俗太郎 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。